昨日のこだわり今日のしあわせ

製品やサービスへの独自のこだわり、日常生活での素朴な疑問や、非日常の旅行経験などを勝手気ままに紹介していく自己満足完結型雑記ブログです。

骨盤サポート『Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)』のベストセッティングとは?

以前から気になっていた、椅子の上において使う骨盤サポートシート。

会社でも使っている人がいるけど、実際どの程度の効果があるのだろうと興味があったので

期間限定ポイントの消化も兼ねて、貯まっている楽天カードのポイントで発注してみました。

 

一言に骨盤サポートグッズと言っても、いろいろな種類があり

まずは以下のポイントから自分に合った商品の絞り込みを行いました。

 

①金額的に納得できる範囲か

②長時間向けか短時間向けか

③形状とメーカー理論に納得できるか

④デザインや色が好みか

⑤ユーザーの評価がどうか

 

①金額的に納得できる範囲か

今回の目的の一つにポイント消化があったので、ポイントを越えての選択は避けました。

発注時の所有ポイントは10000円(2000円分が期間限定ポイント)だったので

全額ポイント決済が可能な『10000円以下』を金額上限としました。

 

②長時間向けか短時間向けか

普段から姿勢が悪く、いわゆる『猫背』というやつです。

歩くときなどは意識的に背筋を伸ばして姿勢を保とうとしていますが

オフィスでは椅子に座る時間が殆どで、ここにテコ入れをするつもりでした。

しかし、実際にいきなりオフィスに導入すると最低でも1日6~7時間ほどは座ることになるので

痛かったり合わなかったりしたら苦痛だなということで

まずは自宅に導入して食事の時などに使ってみることにしました。

良かったらオフィスに持っていくということも視野に入れて

まずは自宅での『短時間用途』で様子を見ることにしました。

 

③形状とメーカー理論に納得できるか

まずは商品の写真や形状から、どのような姿勢で座らせようとしているのか

座った時の力をどこで受けて、どのような背骨の形をキープさせようとしているのか。

この辺の理論をメーカーホームページの説明などを読み込んで学習します。

科学的に考慮されているか、そのことをしっかりホームページで説明しているか

という点を重視して、『使う前に説明に納得できる商品』を選択します。

 

④デザインや色が好みか

部屋の中に置いておくもの、自分が使うものという意味で

どうせずっと置いておくものなら、デザインや色、見た目が素敵なものが良いです。

家にいるときに四六時中そのシートの上に座っているなら別ですが

椅子に座ればソファーにもクッションにも座るので

常に椅子の上に乗せておく上であまり目立たない方が無難と考えました。

商品を探すと結構奇抜な色や、家具、インテリアになじまないものも多いので

買ってから気にならないように落ち着いた色『濃色系』

見た目の雰囲気が『部屋のテイストに合っている』商品を選択しました。

もちろん目的としては骨盤サポートがメインなので、見た目より機能性を重視するなら

この項目はそれほど重要ではないでしょう。

 

⑤ユーザーの評価がどうか

ここが一番気になるポイントだと思います。

最近はネットの書き込みや口コミもAIがするなどという話もあるので

鵜呑みには出来ないのですが、まずは各ECサイトでの口コミ数と★の数を確認します。

口コミ数が多ければそれだけ購入者(ユーザー)が多い可能性が高いので

『良く売れている商品=ユーザーが多い(リピーターがいるかも)=いい商品』

という式が成り立つ可能性を信じて、商品を絞り込みます。

次に評価とコメントを読み込んで、用途や使い方、性別や体格など

自分の使用想定環境、条件と比較して近いものを参考にします。

 

上記のような観点から商品を絞り込んだ結果、以下の2点が候補に挙がりました。

 

・BackJoy(バックジョイ) 骨盤サポートシート リリーフ グリップ

MTG 骨盤サポートチェア Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)

 

色々比較検討を行い、最終的に絞り込んだのは後者の

MTG 骨盤サポートチェア Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)』

f:id:rioppi:20191014144945j:plain

Body Make Style『ダークブラウン』

f:id:rioppi:20191014145120j:plain

シート側面

理由は背中側まで高く包み込むサポート部があることで

メーカーの説明通りのイメージをキープしやすいのではという事と

デザイン、色的に素敵なものがあったという点。

f:id:rioppi:20191014145411j:plain

表面は編込みで手触りもいい


台風19号が接近するなかポチっと注文して、10/14の午前中に到着。

早速開封して愛用している椅子の上にセットしてみました。

f:id:rioppi:20191014145628j:plain

f:id:rioppi:20191014145654j:plain

f:id:rioppi:20191014145708j:plain


色や質感は最終的に絞り込んだ理由の一つともあってイメージ通り。

ファブリックの感じも椅子や雰囲気にマッチしていて、違和感なく収まっています。

 

肝心の座り心地は、他の人のレビューにあったほど背中への圧力はなく

そっと腰の両脇をサポートされているという感じで圧迫感はありません。

もちろん背もたれに寄っかかれば圧力を感じるので、背骨がいやでも『S字』になります。

座面も両脇が少し持ち上がっていて、座る時にここをもっておしりを嵌めこみます。

なるべくおしりを深くして座ることによって、『正しい姿勢がキープしやすくなる』ので

推奨の形に近づくように意識して座ることが大切です。

 

『キープしやすくなる』と書いたのは、あくまでサポートシートであり

どんな座り方をしても骨盤がサポートされて背筋が伸びるというわけではないため

常に意識をして座るということが大切であるためです。

理想のイメージとしては深く腰掛けて『尾てい骨で座る』感じにすると

背骨が綺麗に『S字』を描き、背筋がスッと伸びる体制になります。

またメーカーの説明では、膝の角度が座った時に90度になる椅子での使用を推奨しています。

折角のサポートシートに正しく座れないと、逆に骨盤や背骨を歪めてしまうかもしれないので

綺麗な姿勢を保とうと思うなら座り方やセットする椅子も選んで使いましょう。

 

使用する椅子に関しては、フラットで硬い椅子よりも

座面が少し湾曲している椅子の方がセットはしやすいです。

シートの裏側にストッパーと言われる2カ所の突起がありこれがシートの水平とずれを抑制するとの事。

f:id:rioppi:20191014145205j:plain

底面の2点の突起

シートのコアはポリプロピレン製で、スペック上は『耐荷重120㎏』となっています。

メーカー側は『ヒップ110㎝』以下の方の使用を推奨してるので

大柄の男性やふくよかな女性の使用では効果を十分に発揮できない可能性があるとの事です。

 

体を支えるというだけあって、かなりしっかりした造りになっているので

使用するうえで強度的な不安は全くないのですが

一点だけ気になるのは、底面に出ている2カ所の突起です。

長期間使用することにより、椅子の座面に凹みを作ってしまうのではという懸念があります。

実際、椅子にセットしてほんの少し使っただけで2カ所にうっすら跡が出来ていました。

f:id:rioppi:20191014145918j:plain

2点の凹み(見えにくいですが...)

今回セットした我が家の椅子が座面の奥が凹んでいる(深い)タイプなので

普通にセットすると座面の奥に向かって傾斜が出来てしまい推奨する正しい姿勢になりませんでした。

f:id:rioppi:20191014145644j:plain

座面が後傾なのでシートも後ろに傾斜する

2点の突起による座面の凹み防止とシート角を水平に保つため

今まで使用していた円形の低反発ウレタンクッションを敷いてみました。

f:id:rioppi:20191014150110j:plain

座面にクッションは高くなりすぎ

すると、セットする椅子へのダメージはクッションで吸収できるものの

シート全体が上にシフトするので、膝位置が床から上がってしまい

床への足つきが悪くなって、膝角度推奨の90度よりも大きくなってしまいました。

 

これを解消するため、円形クッションの位置を座面のコーナーに移動して

座面の湾曲した深い部分へのスペーサーとして入れてみることにしました。

f:id:rioppi:20191014150841j:plain

クッションを座面の角に配置

f:id:rioppi:20191014150952j:plain

凹み防止兼底上げ目的

f:id:rioppi:20191014151156j:plain

背もたれの傾斜も垂直に補正

f:id:rioppi:20191014151320j:plain

シートが理想的な角度になり足つきにも影響なし!

これによって、シートが平行に保たれて膝位置も上がらず

突起部分を椅子から保護するというすべての問題を解決することが出来ました。

座った感じもごく自然な角度になり、メーカーが意図した状態に近づいたと思います。

背筋も伸びて骨盤で座る感じになったので長時間の利用でも痛くならなそうです。

 

まずはこの状態で運用を開始してみて、徐々に使用時間を伸ばして

骨盤への負担や、矯正効果が実感できればオフィスにも導入したいと思います。

背筋が伸びた姿勢は見ていて気持ちがいいですし

年と共に体や骨の歪みが日常生活に影響を与えることは時間の問題なので

まずは意識を変えるとともに、生活や仕事をする環境を改善して

健康で美しい姿勢を維持できるようにしたいですね。

 

最後に、このレビュー記事で興味を持った方はまずは店頭で試されることをおすすめします。

自分の体に合っているか、見た目や効果を期待できそうかという点で

納得いけば使用してみるのがいいと思います。

それでは良い姿勢で健康的な生活を送れるよう頑張りましょう。

 

Body Make Seat Style (ボディメイクシート スタイル) | Style|BRANDS(ブランド一覧) | 株式会社MTG

焼きなすと豚バラのエスニックソース

今日は個人的に大好きなレシピを紹介。

トロトロの焼きナスと豚バラの甘さがくせになる。

レモンの効いたピリ辛エスニックソースでいただく。

ご飯が超絶進む危険な一品。

 

f:id:rioppi:20191014001208j:plain


料理名: 焼きなすと豚バラのエスニックソース

 

■材料(2人分)
・なす 4個
・紫玉ねぎ 1/4個
・豚バラ薄切り 150g
パクチー 好きなだけ
・ごま油大さじ1

A
ナンプラー 大さじ3
・Lemon汁 大さじ3
・水 大さじ1.5
・砂糖 大さじ1.5
・にんにく(みじん切り) 小1かけ
・鷹の爪(輪切り) 1〜2本分

 

■作り方(所要時間分)
①Aを全て混ぜてエスニックダレを作る
②ナスのヘタをとって皮をピーラーでしま状に剥いて縦に半分に切る
③ナスに5mm幅で切り込みを入れて5分ほど水にさらす
④紫玉ねぎを5mm幅に切り、豚バラは食べやすい大きさに切る
⑤フライパンにごま油をひいてナスを焼き、両面に焼きめがついて柔らかくなったら皿に盛る

f:id:rioppi:20191014001316j:plain

焼きナス完成

⑥豚バラと紫玉ねぎを炒めて柔らかくなったらAを加えて炒め合わせる

f:id:rioppi:20191014001443j:plain

豚バラパート

⑦⑥を⑤に掛けてパクチーを上に散らして完成

f:id:rioppi:20191014001542j:plain

ナスに全部掛けて完成

 
■ポイント
パクチーの代わりにスペアミントでもよい
・仕上げにすりゴマをかけてもおいしい
・辛いのが好きなら鷹の爪を増やす

 

このレシピはご飯が進むので作りすぎ注意です😅

 

これで切れる!『包丁研ぎ講習』を2回受講してわかった重要なポイントとは?

燕三条 工場の祭典』の『タダフサ』で包丁研ぎを習って

その場で砥石を2つ購入してから早2年。

復習を兼ねて今年もう一度受講してみることにした。

 

普段は切れ味が悪くなったなと思ってから研ぐので

前回の段取りを忘れていたりして、なかなか技術として身につかず

無駄に何度も研いでぐので800番の砥石の真ん中だけがすり減ってしまっていた。

 

このまま研ぐのは無理があるので、まずは砥石を削って『平面出し』をする事にした。

早速ネットで砥石を平らにする方法を検索すると『面直し用砥石』と言うのがあるのを見つけて

早速近くのオリンピックに探しに行くと同じ商品を発見。

1400円程で購入してさっそく調整開始。

f:id:rioppi:20191013113518j:plain

『面直し砥石』

 

平らにする砥石は水分を含ませるため前もって20分ほど水に浸しておく。

f:id:rioppi:20191013113755j:plain

砥石全体から泡がシュワシュワ


使い方は簡単で調整したい砥石の上を水をつけて平行に滑らせて削っていく。

砥石に溝が入っているので目づまり知らずで豪快に削ることが出来る。

砥石表面の水の反射を見ながら平らになるまで削っていく。

f:id:rioppi:20191013114056j:plain

砥石を研磨する砥石

f:id:rioppi:20191013113935j:plain

あと少し…

f:id:rioppi:20191013114211j:plain

メンテナンス完了!

平滑になったのを確認していよいよ研ぎスタート。

 

まずは表側(包丁の刃が自分の方)の根本から研ぎ始める。

角度を一定にしてリズムよく前後に動かして砥石全面を大きく使う事を心がける。

根本から始めて中、先端と3分割位を意識して研いでいく。

よく刃を砥石に当てる角度の目安として『10円玉3枚くらい』の角度と言うけど

先生曰く包丁によって刃の厚さが違うのであくまで目安だと言う。

確かにその通りだけど、素人が使うような包丁の板厚はだいたい3枚くらいと言うことなんだと思う。

どの位の角度で当てるかは難しい所だけど

『研ぎあとの幅』が一定になる様に確認しながら刃の全体を研いでいく。

この時に大事なポイントは、刃の根本、中間、先端を3分割して研ぐときに途中で止めずに

それぞれの区分を『連続して研ぐ』こと。

根本〜中間〜先端〜中間〜根本と言うように包丁の位置を動かしながら連続して研ぐと

研ぎムラが少なく全体の刃が滑らかにつながる。

f:id:rioppi:20191013114346j:plain

刃先のテーパー面(角度が変わる面)の幅を一定に

なかなか難しいけど、慣れてくると刃の角度を変えながら均一にシームレスに刃を付けることができる。

表裏の順番に同様に研いで刃に『かえり』と言うバリを表から裏へ

裏から表へ動かしたら表に出たバリを力を掛けずに軽く落として800番の砥石での作業は終わり。

 

仕上げに1500番の仕上げ用の砥石で同様に表裏面の順に研いで『かえり』を動かして

最後に表に出た僅かな『かえり』を落としたら新聞紙を切って仕上げて完成。

初めは刃が薄めの包丁のほうが研ぎやすい。

f:id:rioppi:20191013114537j:plain

1500番の砥石で仕上げ完了

f:id:rioppi:20191013114908j:plain

両刃包丁の研ぎ終わり


『かえり』がなかなかでない原因は、砥石に当てる刃の角度が一定になっていないか

角度が足りていない場合が多い。

『かえり』が出にくい場合は刃を当てる角度を気持ち増やすと出しやすい。

普通に使っていても切れない包丁で魚の骨とかを切ると刃が欠けたり凹んだりしてしまうので

頻繁に研ぐように習慣づけると余計な力を掛けずにスパッと切れてくれるので切れ味を維持しやすい。

あとはやっぱり練習あるのみ。最後に砥石を片付ける前に

800番と1500番の砥石の研磨面を合わせて擦り合わせて手入れをしておけば完璧!

f:id:rioppi:20191013114727j:plain

砥石同士を擦り合わせ

包丁を研いでいるときは無心になれて、心を落ち着かせるのにもおすすめです。

 

まとめ

 ・刃の根本、中間、先端の区分を動かしながら『連続して研ぐ』こと

 ・上手に研ぐには、砥石のメンテナンスもしっかりしておくこと

 

ナニワ 面直し用砥石(溝入) QA-0160

ナニワ 面直し用砥石(溝入) QA-0160

 

 

青春のアーカイブス 〜憧れのスキーギア編〜

高校まで過ごした実家の自分の部屋。

両親もいい年という事もあり、今年の夏から少しずつ断捨離を開始した。

その中で出てきた思い出の品たちとサヨナラする前に

このブログにアーカイブしておくシリーズ。

 

今回は大切にとってあったスキーギア関連のカタログ。

高校でスキー部だった頃欲しかったスキー用品。

バイトをしても高校生には高価すぎて買えないので

カタログを集めては眺めてたのを思い出す。

 

高校のスキー部では競技スキーのSL(スラローム)と

GS(ジャイアントスラローム)をやっていたのでレーシングモデルが欲しかったけど

やっぱり高校生には高かった…。

 

関東に住んでウィンタースポーツはめっきりご無沙汰になってしまったので

最近のスキー、スノボギアは全くしらないけど

当時の王者『アルベルト・トンバ』が使っていた『ROSSIGNOL』。

彼の滑りは驚異的な安定感で敵なし状態だったなぁ。

f:id:rioppi:20191012033552j:plain

ロシのカタログはTomba

競技スキー部なので、一応ホットワックスも掛けてました。

どうせ1/1000秒なんて競うわけじゃないので

雪温や持ちがいい万能のHolmenkol『TWIN WAX』を愛用してました。

f:id:rioppi:20191012033729j:plain

愛用のホットワックス『Holmenkol』

 

 

板、ビンディング、ブーツはSalomonのEquipeラインで固めたかったけど

ブーツとビンディングまでが限界で、板までは揃えられなかった。

 

Markerのビンディングもあのむき出しのスプリングがメカっぽくて憧れたけど

ビンディングは性能含めて最終的にはサロモン一択だったなぁ。

 

f:id:rioppi:20191012032426j:plain

憧れのマーカー『M1SC Racing』

f:id:rioppi:20191012033336j:plain


977 equipeの黒と黄色のカラーリングがシグネチャーカラーで実にカッコよかった。

f:id:rioppi:20191012032118j:plain

サロモンビンディング

f:id:rioppi:20191012032133j:plain

最先端だった『DRIVER SYSTEM』


ブーツはIntegral equipe9.0を履いてたけど

あのブーツ履いてる人はみんなインナーのベロが取れてたっけ😂

f:id:rioppi:20191012033034j:plain

真っ赤なブーツはエキップの証!

f:id:rioppi:20191012033440j:plain

すごいラインナップ

板は安かったAtomicのRacingモデルに乗ってたけど

ソールが派手でそれなりに気に入ってた気がする。モデル名は何だったんだろ。

f:id:rioppi:20191012034017j:plain

ホントはこれが欲しかった!

 

とまぁ、つらつら思い出を綴ってみたけれど、

ちょっと何言ってるかわんないと思うので読み飛ばしてください😅

 

2019台湾南部訪問日記 〜ミルク感がすごい『双妃奶茶 Shuang Fei Milk Tea』〜

f:id:rioppi:20191011001307j:plain

『永和小籠湯包』で小籠包を堪能したあとは

偶然見つけた近くの『双妃奶茶 Shuang Fei Milk Tea』でタピオカミルクティー

 

ここのはふんだんにミルクが使われているのが特徴で

かなり濃厚なタピオカミルクティー

 

f:id:rioppi:20191011001446j:plain

 

茶葉毎に甘さが決まっていてタピオカの有無は選べるようになっている。

小籠包を食べたあとにデザート代わりにおすすめ。

 

2019台湾南部訪問日記 〜高雄経来たら食べずには帰れない『永和小籠湯包』〜

台湾に来たらやっぱり食べたい小籠包。

台湾の小籠包と言えば、日本でも展開している『鼎泰豊』が有名ですが

地元の小籠包も食べてみたいと言う人に是非共おすすめしたいのが

地下鉄赤路線の『鹽埕埔站』から徒歩3〜4分の『永和小籠湯包』。

日本のガイドブックにも載っている超有名店であるにも関わらず

その『店構え』に驚く。なんと店舗自体が存在しないのだ。

 

choosyhappy.hateblo.jp

 

『鹽埕埔站』から地上に出て、招き猫のオブジェの方向が目印。

f:id:rioppi:20191009220753j:plain

巨大な招き猫のオブジェ

f:id:rioppi:20191009220922j:plain

この路地を奥へ入って右へ曲がる

細い路地に入った建物の壁沿いに、コンパクトな厨房とテーブルが並んでいる。

f:id:rioppi:20191009221117j:plain

店舗のない『永和小籠湯包』外観

f:id:rioppi:20191009221742j:plain

厨房と奥の客席

f:id:rioppi:20191009221834j:plain

軒先にはミスト完備で暑さもやわらぐ

極めて『シンプル』な店構えでここまで有名な店も他にないのではないか。

店舗はなくとも地元や観光客に有名で、Googleマップにもしっかり表示される。

店先には老板のおじいちゃんが立っていて、そのわきで若もの二人がせっせと小籠包を包んでいる。

f:id:rioppi:20191009221241j:plain

テーブルからの景色

シンプルな店構えと同様に、メニューも3品しかなく注文に迷う必要はない。

小籠包は60元で信じられないくらい安く、小ぶりながら一せいろ9個も入っていて満足度が高い。

今回は一緒に酸辣湯25元も注文してみた。

f:id:rioppi:20191009221402j:plain

小籠包60元

f:id:rioppi:20191009221455j:plain

酸辣湯25元

小籠包の中のスープはそれほど多くはないが、それだけにさっぱりした味でいくらでも食べられる。

気張ったレストランとは違って、スナック感覚で気軽に食べられるのがいい。

酸辣湯も小籠包をつまみながら飲むのにちょうどいいサイズで

小籠包に主役を譲る名脇役として一緒に注文するのをお勧めしたい。

どちらも値段に見合わないおいしさで、前の晩に『厚得福』で小籠包を堪能したにもかかわらず

思わず小籠包をお代わりしてしまった。

高雄に来たら是非また立ち寄りたい店の一つ。

f:id:rioppi:20191009221948j:plain

店先の『永和小籠湯包』マンガ

 

choosyhappy.hateblo.jp

 

2019台湾南部訪問日記 〜高雄車駅北側のマッサージ店のおすすめ『八号泡脚養身会館』〜

台湾を含めてアジアを旅する共通農業政策楽しみはやっぱりマッサージ。

日本で受けるよりも安くて気軽に行ける割には本格的なところが多い。

ここ台湾も例外ではなくそこら中にマッサージ店が有る。

ネットで調べても日本じんが利用する上で甲乙があるようなので

今回利用した安心できるお店を紹介する。

一店目は、高雄車駅から『博愛一路』沿いを

北に500mほどのところにある『八号泡脚養身会館』。

f:id:rioppi:20191009012044j:plain

八号泡脚養身会館

正面はガラス張りになっていて中に足マ用の椅子が並んでいる。

今回は②の『足マ50分+肩10分コース』500元を選択。

f:id:rioppi:20191009012331j:plain

コースメニュー

並んだ椅子に案内されると、まずは足の温浴からスタート。

5分ほどお湯につけてから足マ開始。軽くクリームをつけてやるタイプで

片足25分ずつで十分にほぐしてもらえる。

店内は清潔で入りやすく、店員も親切なマッサージ屋なので気軽に利用したい。

散策で疲れたら夜はマッサージで明日に備えよう。